ワーキングホリデーで人気の国はオーストラリア

オーストラリアはワーキングホリデーの一番目の協定国ということもあって今に至るまで大人気の国となっています。

ワーキングホリデーで人気の国はオーストラリア

ワーキングホリデーって知っていますか?
ワーキングホリデーとは旅行ではないけれど、1年から2年の長期滞在ができるビザで、留学することもできれば、働くこともできる、もちろん旅行を楽しむことができるというマルチなビザなのです。

ビザ取得ができるのは18歳から30歳までと幅広く、経験することで大きな転機になるという人もいるかもしれません。

ワーキングホリデーは協定国のみの滞在になり、オーストラリアがその第一番目の国となりました。

今では、フランス、ドイツ、カナダ、台湾、 ニュージーランドなど14カ国ものの国でワーキングホリデーのビザをもらうことができます。

オーストラリアは一番目の協定国ということもあって今に至るまで大人気の国となっています。

オーストラリアのワーキングホリデービザは1年間とたっぷり長期の滞在が可能で、治安もいい、そして旅行するにも自然も多く見どころもたくさんあるというのが人気の理由でしょう。

オーストラリアにはなんと550以上も国立公園があり、8000種を越えるワイルドフラワー、コアラやカンガルーなどの動物たち、青い空と白い砂浜、そして16種の世界遺産もあり、ちょっと旅行に行くだけではその魅力に全て触れることはできません。

しかし、ワーキングホリデーであれば、数多くのオーストラリアの魅力を満足のいくまま楽しむことができます。

いきなり海外で働くということに不安を感じる人もいますが、オーストラリアは自然溢れる国だけに人もおおらかで優しく馴染みやすい人柄の人が多いです。

外人でもフレンドリーに接してくれるので、他の国に比べても働きやすく馴染みやすいといえるかもしれません。